TechRepoの特徴(1.あらゆるフォーマットに対応)

      2016/06/24

TechRepoの特徴の1つにあらゆる点検報告書のフォーマットに対応できることがあります。
紙ベースの点検報告書には複雑な罫線、機械などのイラスト画像、手書きサインのエリア
など様々なフォーマットがあるかと思います。また、機械毎にフォーマットが異なったり、
お客様毎にフォーマットを変えないといけないなどフォーマットが異なり、大量のフォーマット数
になるケースも少なくないかと思います。

従来の点検報告書のシステムでは
 ・フォーマットが固定でフォーマット数が少ない場合はよいのですが、フォーマットが多数
  で時々変更したいケースには都度カスタマイズが必要で費用や時間を要すケースが多かった
  かと思います。
  最近は点検保守向けのクラウドサービスもありますが上記と同様に相応の手間を要しカスタ
  マイズは容易ではありません。
 ・お客様に点検報告書を提出する際、従来のフォーマットのように罫線など相応の見栄えの
  フォーマットで提出する必要があります。しかし、システム側の制約で実現できないことが
  多々あるかと思います。
のような課題を抱えておりました。

弊社のTechRepoサービスはクラウドサービスですが、フォーマット作成にはExcelを用いることで
上記の課題を克服しております。
 ・通常、点検報告書のフォーマット作成はExcelを用いていることが多いかと思います。弊社の
  TechRepoサービスは既に作成済のExcelを流用することができますので、お客様は今まで
  通りのフォーマットを利用できますし、フォーマットは自由に作成することができます。
  よって、Excel上の罫線やイラスト画像など今まで通りの見た目で実現することができます。
 ・後は、Excel上で作成したフォーマットをそのまま弊社のTechRepoのクラウドにアップする
  だけで、自動で点検報告書の入力画面が作成されます。
このように従来はフォーマット数が多いとか、フォーマット作成が煩雑とか、複雑なフォーマット
なのでシステム化を諦めていた等のお客様のご要望にTechRepoサービスは対応が可能です。

 - 点検報告書サービス , ,