IoT開発事例(製造ライン監視)

      2016/08/25

製造ラインのモニタリングの導入事例になります。客先に設置した製造ラインの稼働状況がどのような
状態か、障害時にどのような状況になっているかというのはネットワークに接続されていない限り把握
することはできません。

(概要)
今回は客先に設置した製造ラインの各種センサー情報を随時取得し、クラウド上で時系列にグラフ化と
最新値を表示できるようにしました。これによりどこでもいつでも稼働状況を把握することができ
障害時などに参考情報として活用することができ、ある程度客先の現場の見える化が実現できました。
また、グラフ上で各種センサーの相関関係も確認できますし、閾値を超えているか否かの異常値も
容易に把握することができます。

(利用できる機能)
製造ラインと組み込みハードをEthernetで接続し、各種信号情報を組み込みハード側で随時取得し、
クラウドにデータをアップしています。クラウド側の機能としては
 ・組み込みハードからのデータ受信
 ・グラフ表示でモニタリング(時系列で折れ線表示)
 ・最新値表示(常に最新値に更新)
 ・データのCSVダウンロード(データの2次利用に利用)
 ・異常監視(閾値を超えた場合担当者にメール通知)

遠隔地で製造ラインの稼働状況をリアルタイムで確認したり、閾値 を超えた信号のアラート情報を担当に
伝えたりなど製造ラインの運用保守に寄与するかと思います。

 - IoT ,