保守点検のITトレンド(モバイル端末活用)

      2017/03/06

保守点検においてモバイル端末やモバイルプリンタを用いて業務に活用している企業が増えています。
モバイル端末としましてはスマホ、タブレットになりますが、この選定に頭を悩ますことでしょう。
検討すべき事項として
 ・iOSにするか、Androidにするか
 ・スマホ、タブレット(7インチか、10インチか)
 ・防水、防塵対策はどうするか
 ・月額費用はどの程度か、又は、WiFi版を利用するか
がありますが、まずは費用面は選定の大きなファクターとなりますので月額費用をどうしても
抑えたい場合はWiFi版タブレット、現場より直行直帰したいのでデータをすぐ送りたい場合は
スマホ又はタブレットで4G契約になるかと思います。
次に端末サイズですが、点検項目数や年配者がいる場合などの使い勝手で大きさを選定すること
になります。7インチまでですと片手で持てますが、10インチですと落下の危険があるので点検
状況を踏まえて検討する必要があります。
次にiOSかAndroidかですが、使う上ではあまり影響はないなと思いますが、現時点で操作性は
iOSの方が一日の長があります。Andoridの場合は様々なメーカが提供していまして、iOSの
端末より端末コストは安価になります。
また、堅牢性が必須な場合は、PanasonicのToughPadのような専用の端末を選択することになります。
このように中々端末選定は悩ましいのですが、現行業務に照らし合わせて選定していくと自ずと
端末は限られてきます。

後は、補修点検でモバイル端末をどのように活用するかですが通常はペーパレス用途が殆どかと
思います。また、デジカメで撮影していたケースではタブレット等のカメラで代用することも
可能です。ですので従来の点検報告書の紙、デジカメ、紙の地図をタブレット1台で済んでしまう
ことになります。これ以外にもタブレットには緯度経度のようなGPS、モバイルプリンタとの連動
も可能なので殆どの保守業務に活用できるかと思います。

 - 保守点検