VR(適用用途2)

      2017/02/14

VRはどのような用途に使えるのか、何ができるのかといったことをよく言われます。前回に続き
ビジネス向けの用途事例を簡単にご紹介したいと思います。

■観光
 観光もVRの活用が広がっている分野のひとつです。観光地の名所などを360°の静止画や動画で紹介して
 事前に行き先の情報を提供することで顧客を呼び込もうとしています。また、名所以外にも旅館やホテル
 などの宿泊施設の内観なども見せることでアピールすることもできますし、後からガッカリすることも
 減らすことができたりします。

■フランチャイズ
 フランチャイズ展開している会社にとって今後オーナーになり得る方々に実際展開している店舗等を
 実写で見てもらうことでより理解を深めて頂くことができます。また実店舗が遠方の場合、中々見学
 に行くこともできないのでVRは非常に有益なツールとなります。

■ショールーム
 ショールームに出向かなくても実際のショールームの展示商品を見ることができます。また、
 インタラクティブな操作が可能なので、例えば住設備のショールームのキッチンの色を変えたりなど
 も可能です。実店舗ではこのようなことは不可能ですね。ですので実店舗においても展示できない
 商品をVRで情報提供することも有効です。

■バーチャルショッピング
 VRを用いることであたかも実店舗で買い物をしているように商品をバーチャルショッピングが可能に
 なります。商品ごとにリンクを張ることでVRで店舗の商品を見ながら"カート"に入れることができる
 ので後は従来のネット通販と同様の手順で決済まで可能です。

 - VR ,